• トップ /
  • 遺族が納得できる葬儀の選び方

葬儀業者の選び方とは

遺族が納得できる葬儀の選び方

イメージに合致する葬儀の選び方

葬儀を営む時には、遺族がどのようなイメージの方式で執り行うかを相談して決めるのが一般的です。しかし、事前にこうしたイメージ合せができていないと、いざと言う時に、なかなか業者を決める事が出来ず、バタバタした上で、不満の残るものとなりがちです。近年、葬儀の費用は明瞭化し、騙されたと言った不満はほとんどなく、むしろ多様化している中で遺族がお願いした業者の葬儀パック等が、遺族がイメージしていたものと異なっている事によるケースが多いのです。やはり遺族のイメージに合致した葬儀を営むには、事前に参列者をどこまでの規模とするかを考え、一般の方式とするのか、家族葬とするのかと言った選択をまず行い、近くの会館に事前に見積もりしてもらうのが、ベストな選び方と言えるでしょう。参列者の人数を仮定し、その参列者に見合った式場にすると事が何より重要なのです。式場が広ければ広いほど、どうしても祭壇がそこそこのものでなければ不釣り合いで貧弱に映り、どうしても大きくて高価なものを選びがちになってしまいます。式場が狭ければ祭壇も小さくて済み、相対的に費用が安くつくのです。もちろん、これ以外に参列者の人数により食費も大きく違って来ます。従って、どの程度の参列者を想定し、どの程度の規模の葬儀とするのかが、費用の関係も含めて最も重要な条件なのです。業者の賢い選び方の前に、実は遺族がどんなイメージで営みたいかを固める事が重要で、そのイメージに合致する式場を具体的な参列者を仮定して見学し、見積もりを行ってもらい決定するというベストの選び方ができるのです。こうしたステップを事前に行って置けば、不満が残る事はないのです。

葬儀の深い情報

↑PAGE TOP